香典返し


不祝儀については宗教が関わることもあり難しいことのひとつといえるでしょう。一般に通夜や告別式などに使用する不祝儀を「香典」といいますがこの呼び方は仏教の場合のみに使われる呼び方です。

通常の場合について紹介すると、仏式では香典返しは葬儀の行われた当日にお返しする「即返し」を行う場合と、四十九日の忌明けのあとに、忌明けの挨拶状と共に送る場合とがあります。

神式やキリスト式では普通香典返しなどはしないことが原則とされていますが、最近では仏式のように香典返しなども行われることも多くなってきているようです。

其の場合には神式の時には忌明け後五十日祭と呼ばれる霊祭に、またキリスト式では忌明け後一ヶ月たった後に行われる召天記念日のときに、礼状など共に香典返しを贈ると良いでしょう。

香典返しの際は別名「半返し」ともいい香典をいただいたときの額面の半額程度の品物でお返しするものとされてきたのですが、現在では4割をお返ししたり3分の1でよいとも言われていますし其の地域によっては全返しとして全額に見合う分のお返しを行う場合もありますので不明な場合は葬儀社に尋ねるなりすることで慣例に従うのが良いでしょう。

忌明けの礼状に関しては決まりは特にあるわけではなく、其の点では自由にしてよいともいえますが、弔辞の手紙としては便箋を白無地のものとし一枚にして書きます。其のときには一重の封筒に入れることとなっていますので注意してください。

礼状の文面には葬儀などへの弔問や会葬、弔辞などをしてくださったことについての感謝のことばや忌明けの際の法要について、また香典などについても記入するようにすると良いでしょう。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved