初節句


初節句とは、赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のことを言います。女の子であれば3月3日が雛祭りの節句ですし、男の子なら5月5日が端午の節句です。生まれてから2ヶ月以内などまだ日が浅いときは、翌年にお祝いを延ばすこともあるようです。

女の子の場合はお母さんの実家から内裏雛を贈り親戚や仲人からはその他の人形や付属する道具などを贈るという風習は現在でも多く残っているようです。赤ちゃんを含めて其の家の生活の様式や都合などもありますので、どのようなものを贈ればよいのかは確認するようにしましょう。

母親や其の親戚など一同で何かを揃えるということも良い風習であるといえます。ひな祭りのお祝い品としては潮汲み人形や藤娘などの日本人形に加え普段の生活用品など2歳ぐらいまではそのこの生活に必要な品を送るのも喜ばれることでしょう。

男の子の場合はこいのぼりや五月人形などでそのこの成長を祝います。五月人形についてはお母さんの実家から贈るという風習はないですし、人形などがなくても手作りのものなどを子供と一緒に作成するのも楽しい行事になるもととなるでしょう。

初節句の際にはお祝いのお返しとして初節句のお祝いの席に招くのも良いですし、おめでたい意味の干菓子や紅白の菓子などを贈ることもあるようです。お祝い返しの際には贈り物や礼状とともに赤ちゃんの写真などを送るのも良いでしょう。お祝い返しの品につける表書きは赤ちゃんの名前で行ってください。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved