入学祝い


親しい人の子供などの入学が決まったときは遅くても入学式などの2~3週間前には入学祝を贈ると良いでしょう。入学祝いについては通常ですと身内の中で祝うものですので特別に親しい場合を除いては入学祝いを渡す必要はないようです。

入学祝いの品物を決めるときは、これから始まるであろう新しい環境を考え必要になりそうなものを想像してみます。贈るものを決める際には重ならないようにするためにもあらかじめ要望を聞くなどしても良いでしょう。

現金を送る場合には普通は5000円から10000円ほどが贈られているようです。品物の際はランドセルや机などは親や祖父母などが贈っている可能性もありますので重ならないような無難な商品券や図書券なども、好きなときに使えて喜びもあるといえます。

入学祝に対する返礼としては、本来であれば子供は収入がないものですからお返しは必要ないとされています。どうしてもという場合は礼状には子供自身の言葉を添えて、表書きは「内祝い」として子供の名前を書いてお返しします。

子供に礼状を書かせるのですが、字がかけない場合は電話で感謝の意を伝えるようにすると良いでしょう。その際は後日親からの礼状を贈るようにします。

入学祝のお礼状の書き方のポイントとしては、入学祝をいただいたらなるべくすぐにお礼状を送ること、お礼状の内容としてはまず時候の挨拶から始めること、感謝の内容をこめること、本人の喜びの様子なども書いてあると良いでしょう。また親の名前だけではなく入学する子供の名前も忘れずに書くと良いでしょう。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved