災害見舞い


突然の災害というと地震や火事、風水害に加え交通事故などがありますがいずれも大きな苦痛を伴う出来事ですしある意味では病気などを越えるほどの苦痛をともなうものだと思われます。

これら災害の知らせがあった場合には近いところにいる場合であれば駆けつけて協力し、励ましたりもできるというものです。災害とは突然に起こるものですから、起こった当日から色々なことに困る自体になりかねません。

災害の際のお見舞いのポイントとしては情報を知ってからすぐに行動することが上げられるでしょう。手助けの際には起こった被害の度合いにもよりますがまずはいつもの生活を取り戻せるような手助けを行うと良いでしょう。

手伝えるようであれば被害の復旧作業に手を貸すこともできますし、近所に住む人同士では電気製品などが使用できる場合には使えなくなっている人に使用してもらうと喜ばれるでしょう。

遠くに住んでいてすぐには駆けつけられないときには後日お見舞いをすることにしたとしても現金を送るのが喜ばれるようです。お見舞い金を送る際には形式にこだわらずに、封筒に表書きとして「御見舞い」と書くだけでよいでしょう。

また災害のお見舞いをいただいたときは礼状を送る前に自分がなるべく早く立ち直りお世話になった人たちに元気な姿を見せることが一番のお返しであるといえます。災害見舞いに対しては内祝いなどはせず状況が一段楽したときなどに礼状を送ると良いでしょう。

また何とか通常の生活に戻れたときに改めて礼状をだすと相手も状況がわかり安心もできますし喜ばれるといえます。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved