教育実習後の礼状


教育実習をさせていただいたお礼の印などにはお礼状を出すと良いでしょう。お礼状を出す場合には教育実習などの実習を行ってから一週間以内をめどとしてその際にはお世話になった色々な人たちに出すのが良いとされます。

礼状を出す相手としては担当の先生はもちろんのこと校長や教頭先生、また担当のクラスの生徒に出すのも重要なことです。文章のはじめには“拝啓”を、終わりには“敬具”を使用して礼状を書くようにします。

実習などが終わった後にお世話になった人たちに対して感謝の気持ちで礼状を書くのですが、教育実習は教育課程の締めくくりにもなる大切な実習です。周りの友人たちは就職活動で忙しい時期でもあり連絡することも余りない中で母校に実習先が当たった場合やそうでない場合も含めて担当の先生方や生徒たちには何かと助けられることも多いと思います。

教育実習の礼状の書き方としては、お世話になった人たちに一人ひとり手紙を送ることになるのですがその際に住所は大学ではなく自分のものを書くようにして、所属として○○大学○○学部○○学科○年としっかり書くようにしましょう。

ある学校では個人名ではなく学校宛に送られてきた礼状については礼状そのものを職員室などに貼り出しておく学校もあるようですので同じ書き方で何通もの礼状を作成するのは避けたほうが良いかと思われます。

その人に対しての感謝の気持ちを表すことで、自然と文章や内容も異なってくるでしょうから、礼状については書き方の約束さえ守っていればその他は余り心配することなくのびのびと書いて出すと良いでしょう。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved