弔電


事情があるなどして告別式や葬儀などに出られないときには弔電を利用してお悔やみを伝えると良いでしょう。遺族が置かれている状況などを汲み取って、励ましの言葉などを送るのも良いでしょう。

弔電を打つ際には、身内や親しい人の不幸のときに送る電報ですから送るほうもですが読むほうもやりきれない気持ちで一杯のはずです。弔電を受け取った人たちのことを考えてお悔やみの際は忌み言葉などのルールは破らないように気をつけてください。

弔電は告別式や葬儀を執り行う日の前の日までに打つようにしましょう。弔電の送り方としては、葬儀や告別式などが自宅にて行われる場合は喪家を送り先にしますし場所が斎場で行われる場合はその斎場を送り先にしてください。

宛名としては喪主宛としますが喪主の名前が出てこないときは亡くなった方の姓名を書いて“ご遺族様”“ご遺族一同様”などとすると良いでしょう。お悔やみ文の終わりには送り主の名前を入れるようにしてください。

忌み言葉の例としては直接に不幸を意味する「死亡や死去」などや、弔事などが重なることを意味する「重なる、たびたび、また、再び」などの言葉も慎むべきですし、亡くなられた人の不幸を連想させるような「苦しむ、九、浮かばれない、迷った」などもよくないとされます。

弔電は受付のあと2~3時間後には配達されるようですので葬儀などの始まる時間の一時間前には届いているようにすると良いでしょう。葬儀の日時が早めに解るような社葬などの場合ですと弔電を予約して日時を指定することもできるようですし、3日前までに申し込まれた分については割引になる制度もあるようです。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved