快気祝い


快気祝いの礼状は本当であれば入院中にお世話になった人や心配などをしてくださった人たち皆に送るものですが、通常はお見舞いを贈って貰ったお返しに快気祝いの礼状を作成することが多いようです。

快気祝いの礼状を送るときは、病気などが治り退院などの準備や手続き、床上げなどが終わってからできるだけ早く10日以内には送り先に届くようにすると良いでしょう。送り先としてはまずお見舞いを贈ってくださった人、お見舞いに来てくれた人などに対してお礼の言葉や回復の状況などを沿えた内容の礼状を送ります。

「忙しい中をお見舞いに来てくださってありがとうございます」「暖かいお心遣いありがとう度ございました」等、礼状を作成する人本人以外の家族であっても本人の具体的な気持ちなどを伝えると良いでしょう。できれば現在の状況に合わせて復帰できる時期などを知らせると良いとされます。

快気祝いなど贈り物を送るときにはのしにも一定の決まりがあるようです。病気などが全快した際には「快気祝い」ののしですし、お見舞いをしていただいたとしても入院などで長引くことが予想されるときなどはのしには「御見舞い御礼」という表書きを行います。

これ等は通常入院中などにお見舞いをいただいた人や心遣いをしてもらった相手などに対して送るものとされ病気が治った際には退院のときなどにお見舞いにいただいた額面の3分の一ぐらいの額に値する贈り物でお返しします。贈り物としては砂糖や石鹸など「きれいになおった」として跡に残らないようなものを選ぶのが良いでしょう。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved