実習後の礼状の書き方


学生などでしたら、実習のあとに礼状を書く機会もあるかと思います。礼状の送り先となるのは学校長やその施設の責任者などに当てて書くことが多いでしょう。通常は実習が終わってからせめて一週間以内に礼状を送るのが望ましいとされます。

例文の書き方としては、

拝啓 梅雨の中にも夏の日差しが感じられることとなった最近ですが皆様にはご健勝のことと思われます。
さて、先日は○○日間において私どもを実習の受け入れを行ってくださってありがとうございました。実習中は○○実習を通して、、、、、、。
今後は、これ等の学んだことを生かして精進してゆこうと思います。
末筆ですが皆様のご多幸をお祈りいたします。 敬具

などといった書き方の例もあります。

お礼状に関しては、基本的には相手が目上の場合であっても葉書と封書に区別はありません。ただ葉書についてですと人の目に触れるということがありますので葉書に書くとこまる様な内容を含むようであれば封書でお礼状を送ると良いでしょう。

お礼状を書く際には黒のボールペンやサインペン、万年筆などを使用します。インクだまりのあるボールペンなどは汚くなるため礼状などにはよくないとされていましたが、最近のボールペンにはインクだまりのないものも開発されてきているようです。

封筒や便箋などは白を基本としたものを選びましょう。模様も薄いいろのものやぼかしのものなど控えめな印象のものが良いでしょう。便箋は一枚だと寂しくなりますので2枚使うようにするのが良いとされます。

名前の書き方としては相手のものを上に、自分の名前は下にして書いてください。横書きをするときは相手が左に、自分の名前は右下にという事になります。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved