面接後の礼状


会社の面接をした後の礼状の書き方の文例としてはたとえば

貴社の益々のご清栄をお慶び申し上げます。
ご多忙中の中面接の機会を作ってくださって本当にありがとうございました。
○○部長様からは貴社の説明をしていただいたのですが、常に積極的な姿勢を崩さない貴社の態度はすばらしく、お話も興味深いものでした。
(この場所では自分のセールスポイントについての記述を行いましょう)
この際は一日も早く貴社の社員のひとりとなって色々と活躍できるように自分でも努力し向上してゆきたいという考えで一杯です。
取り急ぎは本日の面接のお礼とさせていただきます。
末筆ながら貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。

といった書き方などがあります。

面接を行う際にその後礼状を出すという書き方になじみがないという人もいると思いますが、面接を行った側の人間としては、内定を決める際には面接で時間などを都合つけるなどしているのですからこのように面接のお礼状などを受け取ると嬉しいと思うでしょうし礼儀などがわきまえられていると思われることもあるかもしれません。

社会人の世界ですから、このような礼儀をしっかり踏まえることで内定も取りやすいでしょうしきちんとした生活が送れることでしょう。この際に上司や恩師などの目上の人に対しては形式などをきちんと踏まえながらていねいに感謝の気持ちを表現しましょう。

就職活動の内定で大切になってくるのはいかに入りたい会社に自分を良く印象付けるかにかかってくるといっても言い過ぎではないといえます。またこのときにお礼状などは面接が終わった当日に出しておくと好感がもたれるでしょう。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved