退院時の礼状


病気が治り退院時にお見舞いなどへのお礼として礼状を送る際には退院の後10日ほどを目安としてできるだけ早い時期に、本人が病気の間に御見舞いをいただいた人の自宅に届くように送ります。

もしくは快気祝いとしておもてなしの会を開くこともあるようです。お返しをする際はいただいた金額の半分から3分の1ぐらいの額を包むと良いとされます。もともと快気祝いには病が治ったしるしとしてお祝いに赤飯を送るという風習がありました。

現在では快気祝いとしては後に残らないという意味も含めてお菓子や石鹸、洗剤などのつかってなくなるものや食べてしまうもの、消えてなくなるものなどが選ばれることが多いようです。

快気祝いの表書きなどはのしに「快気祝い」や「快気内祝い」などと書き、下の段には病気から回復した人の名前を書きます。退院したが今後のこともあり自宅療養などをする場合や入院が長引くようなときには「御見舞い御礼」と書くことになります。

これ等は入院中などにお見舞いをいただいたときやお世話になった相手などに贈るお礼です。お見舞いの礼状などもお見舞いをいただいた方などに贈りますが、快気祝いの品などを一緒にして送っても良いでしょう。

「忙しい中をお見舞いに来てくださってありがとうございました」などの相手の心遣いに対してのお礼を述べるとともに、「お世話の甲斐もありまして後一週間程度で退院できることになりました」などと回復の時期や復帰できる見込みができた場合にはその時期についても礼状にて知らせることができるならば行ったほうが良いでしょう。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved