祝電と電報


祝電の電報を打つ際は結婚式などの事前に予定がわかっているものについてはあらかじめ電報を手配しておくと良いでしょう。

予定でわかることではないですが、出産の知らせや合格発表などの祝い事の知らせ、またお悔やみの知らせなどの弔事ごとの知らせなどはすぐに駆けつけてあげたいという気持ちを表す意味でも其の情報がわかってからなるべく早めに電報などを打ちたいものです。

祝電についてはたとえば結婚の際に送る祝電などがあると思いますが、披露宴などにやむを得ない理由があって出席できないときや、欠席をする場合なども含めてその場にはいられないが祝いを伝える意味で祝電を打ちます。

結婚式の披露宴などに電報を打つ際には気をつけなくてはならないことがありますが、其のひとつとしては宛先は新郎新婦両人か新郎新婦のどちらかの父親を宛名にしましょう。

また新婦宛に祝電を打つ必要がある場合には新婦の旧姓を宛名とします。電報の送り先は式場として式が始まる一時間前には届くようにすると良いでしょう。会社を代表して電報を打つこともあるでしょうし結婚式のほかにも合格発表の祝電や出産祝いの祝電など電報を利用することは多いでしょう。

電報の打ち方としては、まず電話にて115をダイヤルします。電報の受付時間としては朝の8時から夜の10時までとなっており、配達は受付してから2~3時間で届くようです。

また19時(夜の7時)までの受付分については当日の配達が可能なようですし、予約は一ヶ月前から受け付けていますので予定がわかるようでしたら利用してみてください。


Copyright © 2009 お礼状の書き方と文例. All rights reserved